[022]Web制作費用の相場Vol.2【WebサイトをECサイトにする】

2014/03/01

Webサイトはインターネット上に公開して、情報発信するだけでなく、

さまざまな機能を付加して運用できます。

 

例えばショッピングカートです。
ショッピングカートは、Webサイトの中で決済し、

商品の販売や、サービスの予約受付ができる仕組みです。

 

特別なプログラムを組んで、Webサイトに組み込むことになります。

 

ショッピングカートを一から開発すると、

千万円単位で費用がかかることも、珍しくありません。

 

手軽に利用できるのは、ネット経由でアプリケーションを提供する「ASP」か、

 

無料で利用できる「オープンソース」をカスタマイズして使う方法です。

 

必要な機能を実装して、既に完成しているショッピングカートを、自社のものとして使わせてもらうわけです。

 

ショッピングカートのASPは、無料もしくは月額5000円程度から利用できます。

または、数万円するものまで、さまざまですが、機能や使い勝手、デザイン性などを考慮して、判断することになります。

オープンソースをビジネスで利用するには、

自社の用途に合わせてカスタマイズが必要です。

 

それでも、一から開発することを考えれば、格段に安いコストで収まります。

 

商品点数が数百点程度のECサイトであれば、

通常のホームページに制作プラスαする程度の価格で制作が可能です。

 

 

さまざまなサービスが、登場している分野です。