[026]Webサイト制作の打合せで登場する専門用語【基本編】

2014/03/02

 

ITの専門用語がWeb制作の打合せには登場します。

 

本来なら、難しい話は抜きにして、

分かりやすく説明して欲しいもの。

 

それでも、最低限の用語を覚えておくと、

打合せがスムーズに進みます。

 

「Web」

Webサイト、サイト、ホームページと同義です。知恵蔵2014は「インターネット上で文字・画像などをレイアウトして見せ、簡単にアクセスできるようにするための仕組み」と解説しています。

 

「HTML」

「HyperText Markup Language」の略。Webサイトを構成し、ブラウザーを通して表示するための言語です。現在のWebサイトの多くは、HTMLの決まりごとに従って、作成されています。

 

「アップロード」

パソコンやスマホに保存されたファイルを、インターネット経由で他のサーバー/コンピューターに転送すること。

 

「ダウンロード」

他のサーバー、コンピューターから、自分のパソコンやスマホにデータを転送すること。

 

「アクセス解析」

Webサイトが訪問された際のデータを蓄積し、分析すること、またはその仕組み。

 

「ブログ」

日記的な運用を前提として、更新しやすい仕組みを持ったWebサイトの総称。「アメブロ」「gooブログ」などは、一般に公開されたブログサービスです。これらを使わず、個人や企業でブログの仕組みを作ることも簡単。

 

「ポータルサイト」

さまざまな情報の入り口となるWebサイト。Yahoo!

http://www.yahoo.co.jp/

excite http://www.excite.co.jp/

などがその典型例。業界やテーマを絞って情報発信するポータルサイトも。

関東の旅 http://welcome-kanto.jp/

サッカーキング http://www.soccer-king.jp/