[052]アナログ的Web戦略まとめ(ブランディング編)

2014/03/26

 

ここまで、アナログ的Web戦略の

基本的な考え方をご紹介してきました。

 

この章のまとめに、

Web戦略のプランニングを流れにして、

再度おさらいしましょう。

 

 

===========================

1.取材する

 

まずは、商品やサービスの強みを徹底的に洗い出します。

 

「自社を取材する」作業。

 

ここで、御社の差別化を見いだしてください。

 

詳しくは次章でノウハウをご紹介します。

 

 

2.戦う市場を見つける

 

強力なライバルがいる大きな市場で、

戦うのは得策でないかもしれません。

 

ものをいうのは、的確なSTP戦略です。

 

この段階では、

 

ライバルにない自社の強み

 

が分かっているはず。

 

小さくても「必ず勝てる市場」を見つけ、

 

資源を集中しましょう。

 

 

3.ブランドを作る

 

STP戦略の記事で、

 

ポジショニングは、ターゲットの心の中に、

独自のポジションを占めること。

 

とご紹介しました。

 

消費者の心の中で

 

御社こそ「唯一無二の存在」だと思ってもらうこと。

 

まさしく、「ブランド」を築くことです。

 

明確なUSPを基に、

心をくすぐるメッセージを構築しましょう。

 

もちろん、決して簡単な作業ではありません。

 

しかし、ブランドにはいくつかのパターンがあり、

パターンを知ると、御社のブランドも考えやすくなります。

 

ブランドづくりのコツは、後の記事で詳しくご紹介するので、

ぜひ参考にしてください。

=======================

 

プランニングは、すべてのベースになるとても重要なプロセスです。

 

こうしてみると、

「Web」「インターネット」の特別なテクニックは、さほど関係がないことを、

ご理解いただけたと思います。