[075]ユーザーは3秒でページを閉じる

2014/03/29

 

インターネットでは簡単に検索し、

ページを開き、すぐに閉じて、

別のページに移動することができます。

 

 

よく言われていることですが、

ユーザーはページを開いて3秒で、

そのサイトを見るか、見るのをやめるか

を決めます。

 

一瞬で

「自分のためのWebサイトだ!」

「自分にメリットがある!」

と思ってもらわなければ、

ライバルのWebサイトに移動してしまいます。

 

 

経営コンサルタントの神田昌典さんは、

 

「気絶するほどの差別化」が必要だと

 

著書の中で言っています。

 

 

ライバルに勝って、

市場で御社の占めるシェアを増やしたいと思えば、

 

御社だけしかない

 

しかも、一瞬で興味を持ってもらえるブランドを作り、

キャッチコピーで表現する必要があります。

同じような商品・サービスがあふれる中で、

ユーザーは、ひとつを選ぶきっかけを探しています。

 

他社と同じようなメッセージを発信しても、

御社を選択する人が増えることはありません。