[079]差別化ブランディング最強パターン20

2014/03/29

 

御社がライバルとの差別化に成功すれば、

Webマーケティングは格段に有利になります。

 

そのために有効なのが、ブランドの構築(ブランディング)です。

 

ブランディングの基本的な考え方については、

専門書がたくさん刊行されているので、そちらにゆずります。

 

ここでは、ブランディングの手法をパターン化してご紹介します。

より実践的で、すぐに使えるブランディングのヒントが見つかります。


[080]言いたいことを絞って差別化する
[081]用途・シーンを限定して差別化する
[082]既存客に後押ししてもらい差別化する
[083]アピールポイントをずらして差別化する
[084]時間を約束して差別化する
[085]仲間力をブランドに変えて差別化する
[086]マイナスをプラスに変えて差別化する
[087]モノではなくコトで差別化する
[088]ハードルを下げて差別化する
[089]期待値を上げる一歩踏み込んだ表現で差別化する
[090]ユーザーに奉仕して差別化する
[091]ギャップで差別化する
[092]ルールで差別化する
[093]人で差別化する
[094]客層をずらして差別化する
[095]エピソードで差別化する
[096]価格の正当性で差別化する
[097]対応スピードで差別化する
[098]きめ細かさで差別化する
[099]情緒に訴えて差別化する


いくつものパターンを提示しますが、

御社で使えるものは、ひとつではないはず。

 

中からひとつのパターンを選んでも、

複数を組み合わせてもOKです。

 

ライバルと明確に差別化し、

ユーザーの心をガチッとつかむブランドを作ってください。