[083]アピールポイントをずらして差別化する

2014/03/29

 

ちょっと見ただけでは、分かりづらい商品やサービスがあります。

例えば英会話。

 

それぞれのスクールで学習メソッドを持っていますが、

どこがどう違って、何が自分に向いているのか、

なんて、Webサイトをぱっと見た限りでは、はっきりいって分かりません。
そこで、賢いスクールが実践しているアピールポイントをずらすテクニック。

「無料体験30分で、あなたにピッタリの学習法が分かる」

分かりづらいレッスンのコースや内容ではなく、

無料体験のメリットをアピールすることで、ユーザーを惹きつける手法です。

 

どのスクールも体験レッスンは無料で実施しているのですが、

「英会話でも行ってみようか・・・」
という意識の浅いユーザーからすれば、

「行くのが面倒だ」
「長々勧誘されるんじゃないか」

というマイナスの要素が頭に浮かんでしまいます。

ところが、
「30分で終わる」というメッセージで、
時間を取られたくないユーザーの心理的な障壁を下げることができるのです。

 

また、この場合は、できるだけ純粋にユーザーのメリットになることを
訴求にしましょう。

「ウチが一番!」のような
勧誘っぽいメッセージは逆効果です。

例)
× コミュニケーション能力重視の学習メソッド!
○ 30分で英会話のコツが分かる?! 無料体験レッスン大募集