打合せでWeb制作会社の実力を見極められるチェックリスト

2014/04/14

Webで見込み客を集めたい企業にオススメです!!

適切にヒアリングする能力は、Web制作会社の重要なスキルのひとつ。

実際に会って話してみると、成果が出せる相手かどうか、大方の察しはつくものです。

こちらは、見込み客を集めたい企業が、打合せの際にチェックすると良し悪しを判断できる5つのポイントです。

打合せ風景

 

PDFのチェックリストをダウロードするにはこちら

 

 

チェックポイント1

□ Webサイトの目的を理解しているか?

常連客に新着情報を発信できれば良いのか? 問い合わせを獲得したいのか? ブランドや知名度を上げたいのか? この点にズレがあると、絶対にWeb制作は失敗します

 

目的

 

チェックポイント2

□ 御社の強みとターゲットを理解してくれるか?

Webサイトで重要なのは「誰に何を伝えるか?」。御社の特長を理解するのは当然。ヒアリングの段階で「ターゲット」を聞いてくれない制作会社は、あまりオススメしません

 

ターゲット

 

 

チェックポイント3

□ 競合サイトを分析してくれるか?

ライバルが誰に何を訴求しているのか? 同じことを御社がアピールしても、見込み客はどちらを選んで良いかわかりません。競合のWebサイトを意識しない制作会社も要注意

 

 

チェックポイント4

□ 課題を受けた提案をしてくれるか?

ビジネスに活用するWebサイトなら、ビジネスの課題を解決する提案がなければ意味がありません。御社も気付かなかったような課題をあぶり出し、対策まで立ててくれれば満点

 

 

チェックポイント5

□ 制作後の運用まで見据えてくれるか?

Webサイトを作っただけは誰も見てくれません。お金をかけてもアクセスを増やしたいならSEOやリスティング広告も検討したいところ。その他、作った後のことも考えて提案してくれるのが良い制作会社です

 

 

まとめ

Webサイトで見込み客を集めるには、マーケットを理解した上で全体を設計しなければ、うまくいきません。

大切なのは「誰に何を伝えるか?」。Webに限らず、従来型の広告でも1対1のセールスでも、変わらないはずです。

この大原則を、Webの場で実現してくれるプロフェッショナルを見つけてください。