[002]Webビジネスにまつわる誤解とは?

2014/02/19

インターネットの利用率が80%を超えたのは2002年のこと(総務省)。それから10年あまりが経ち、今ではビジネスにWebサイトを活用するのは、当たり前になりました。

 

少ない資金で使えるサービスや、サポートしてくれるWeb専門家も増えましたが、その活用については、未だ大いに誤解があるように思います。ネットには誤解を招くような表現も氾濫しており、発信者の責任は大きいと考えています。

 

そこで、放っておくと大きな失敗に陥りかねないWebビジネスの誤解を解くところから、役立つ知識をご提供したいと思います。

 

【失敗につながるWebビジネスの誤解】

 

□Webサイトを作ればすぐビジネスに役立つ

 

□アクセスがたくさん集まれば効果が出る

 

□Webでライバルに勝つならSEO(検索エンジン対策)が一番!

 

□Webサイトはかっこよさが一番大事

 

□集客したいならまずFacebook!

 

□Webサイトの運用には専門知識が必要だ

 

□高い費用を払わなければWebサイトの成果はでない

 

□Webサイトは儲かるのか儲からないのか、良く分からない

 

□ユーザーはWebサイトの隅々まで見てくれる

 

□Web制作会社に任せれば集客してくれる

 

上記の誤解に、2つ以上当てはまる人は要注意です。
ぜひ、次回以降の記事をお楽しみに。