PDCAが重要です

「何となく好きだから」「ひらめいたから」だけでWebサイトを作り、広告などの集客施策を行っても、絶対に成果はあがりません。

経験とデータから仮説を立て実行していくーーそんな積み重ねの中で直感を働かせてこそ、効率の良いマーケティングが実現します。

一度の施策に固執せず「計画(Plan)」「実行(Do)」「評価(Check)」「改善(Act)」のPDCAを繰り返すことが非常に重要です。
さらに細分化すると、エモーションは下に記載したチャートのようなプロセスで、Webマーケティングをとらえています。


Webマーケティングのプロセス

すべての土台になる非常に大事な作業です。
綿密なヒアリングのもと、お客様の企業や商品、サービスの魅力を徹底的に洗い出します。
「ウチは他社さんと一緒だよ」「差別化できるポイントはないね」など、控えめなご担当者も多いのですが、オリジナルの魅力のない会社は絶対にないと、私たちは信じています。

Webサイトを使って何をするか?
まずは、目的を明確にします。
商品を単に認知させるのと、Web上で販売するのとでは、Webサイトの作りも考え方も、まったく変わってくるのです。
続いて、成果の目標を設定し(KPI)、プロジェクトの成否を評価する際の目安とします。

発掘した魅力と、設定した目的/目標、また、時にはお客様が既に運用しているWebサイトのアクセス解析に基づいて、Webを使って成果に至るまでの仮説を立てます。
サイトで表現する文章の内容やデザイン、広告戦略などを組み合わせ、成果を生むまでのストーリーを描きます。
エモーションの腕の見せ所です。

サイトマップを作り、「ワイヤーフレーム」というWebサイトの設計図を描きます。
左図のように、画像や文章の配置、メニューの遷移などを記した図です。
この段階でお客様にもご確認いただき、サイト制作に入ります。

「コンテンツ」とは文章や画像、映像など、Webサイトの内容をいいます。
皆が目を見張る美しいWebサイトを作っても、核となるコンテンツの質が低ければ、御社の魅力を伝えることはできません。
Webサイトの目的、目標に合ったコンテンツをきちんと設計することが重要です。

ワイヤーフレームに基づき、専門のデザイナーとプログラマーがWebサイトの形にしていきます。
スペシャリストの仕事が光ります。

Webサイトの制作が終了し、お客様にOKをいただいた後、Web上に公開します。
世界中の人が、御社の情報を閲覧できる状態です。

Webサイトを作り、公開しただけで、多くの人に見てもらうのは困難です。
もし、本格的にWebをビジネスに活用するなら、広告やSEOといった施策が必要です。
エモーションは特にリスティング広告に深い知識と経験を持っており、効率的な集客をご提案できます。

Google Analyticsをはじめ、アクセス解析ツールを使って、Webサイトの内容やデザインの効果、集客施策の成果を検証します。

検証結果に応じて、もう一度ストーリーを組み立てます。
目標に達していても、課題は必ずどこかに残っているもの。
さらに効率的に成果を上げるため、再度必要なストーリーを考え直します。
次に「設計図を描く」の段階に戻って、施策をやり直します。

ページの先頭へ